teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール ※掲示板には表示されません(詳細)
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 旧客時代のはやぶさ

 投稿者:クモイ103  投稿日:2017年12月25日(月)19時35分4秒
  オロハネ10 505様

はじめまして。
「はやぶさ」の旧客編成ですが、
事故や車輌トラブルでナハネ11が不足するような事態になれば
代車としてナハネ10が手配されたかもしれません。
ただその様な事象があったという話を私は聞いたことがなく、
もしあったとすれば相当の“激レア”ケースと思います。

当時の「はやぶさ」は国鉄全体で十指に満たない“特別急行列車”ですから、
その重みはとても今の「とっきゅう」の比ではありません。
車輌のメンテナンスを含め、そこに関わる職員の意気込みからして、
並の列車とは格段の差があったことでしょう。
従って、他の形式(と言ってもその時点ではナハネ10しか存在せず)が用いられることは
「無かった可能性が高い」ことを前提に考えた方が良いような気がします。

Nゲージでは現在ナハネ11の製品が発売されていないので、お気持ちはお察ししますが、
私なら、手間暇かけてオハネ12から改造するか、
またはいずれKATOが出すのでは?と淡い期待を持って待ちたいと思います。
 
 

Re:飯田町・甲府所属の青色客車について

 投稿者:仙コリ  投稿日:2017年12月25日(月)17時18分48秒
  YU様

1970年代以前の客車の車体色に関する資料はなかなか無いのが現状ですが、先日も参考にさせて
いただいた、残念ながら閉鎖されてしまっているサイト「70年代後半の客車編成」によると
1974年10月18日と1975年3月6日の新宿発松本行き中央東線423レに青色のオハ35 3015(西コフ)
が連結されていたようです。

私が調べることができたのはこの1両だけだったので、より詳しい情報をお持ちの方が
いらっしゃいましたら、フォローしていただければ幸いです。
 

旧客時代のはやぶさ

 投稿者:オロハネ10 505  投稿日:2017年12月25日(月)10時34分33秒
  はじめまして、オロハネ10 505と申します。
先日、マイクロエースのマロネ40が手に入り旧客時代のあさかぜを再現しようと思ったのですが編成中のナハネ11は他の寝台車が代走することはあったのでしょうか?
 

飯田町・甲府所属の青色客車について

 投稿者:YU  投稿日:2017年12月25日(月)01時11分28秒
  普段はROM専のYUと申します。
模型でEF64を購入しまして、中央東線の電暖化後の客車列車をやろうとしております

各種の資料を調べるに、中央東線の客車列車(飯田町・甲府持ち)の末期は、電暖化された茶色の32・35系が主だったようですが、「我が心の飯田線」様あたりに掲載の写真を見ておりますと、少数ですが青い客車が混ざっている場合があるようです。
さすがに数両いたスハフ42は青になっていただろうと思いますが、編成の真ん中が青い場合もあるようですし、1編成に複数の青い車が挟まっている場合もあるようなので、スハフ42以外にも青い客車があったのではないかと思えます。

もしご存知の方がいらっしゃいましたら、1970~75年ごろの飯田町・甲府配置車で、青色だった客車をご教示頂けませんでしょうか。
宜しくお願い申し上げます。
 

PFとは?

 投稿者:太田拓也  投稿日:2017年11月11日(土)18時44分18秒
  以前から疑問に思っていたのですが、EF65はFの時点でPの上位互換だったのに
Fの発展型である1000番台がPF(客貨両用)と呼ばれるのはなぜでしょうか?
改良点の大半が重連総括制御関連なので本来はFF形とでも称するべきだと思うのですが。

P形とF形が運用を特定した限定製造でその後も0番台の製造が続いたのに対して
生産ラインが1000番台に全面的に切り替わり、客車も貨物も無差別運用する
趣旨でこう呼ばれることになったということでしょうか?

追伸
昔のNゲージのブルトレセットにはPF用のスノーブラウが同梱されてましたが、
現場再現という意味ではつけない方がよかったのですね。
 

Re2:オハ35 ノーシル・ノーヘッダー車の車体色

 投稿者:仙コリ  投稿日:2017年10月24日(火)22時58分7秒
  昨日ご紹介した青15号塗装となったオハ35 2422についてですが、出典は現在は残念ながら
閉鎖されてしまいましたが、EF58 29様が運営されていた「70年代後半の客車編成」
という有名なサイトでして、たくさんの編成記録が掲載され、車両形式・番号はもちろん
車両の塗色も記録されていた大変貴重なサイトでした。
幸いながら私は掲載内容を記録していたため、そのサイトの中の「普通客車列車の編成」-
「高崎・信越・北陸・中央線」に 1978年7月9日 高崎線2322レ の編成記録があり、
青色のオハ35 2422(高タカ)が記載されています。

また、手持ちの画像を探したところ、このオハ35 2422の写真があり、間違いなく青色でした。
かなり以前に頂いた画像で掲載許可を頂くのは困難なため掲載はできませんが、車両の状態
としては未更新車であると思われます。

模型作成の参考になれば幸いです。
 

Re:オハ35 ノーシル・ノーヘッダー車の車体色

 投稿者:仙コリ  投稿日:2017年10月23日(月)23時58分41秒
  陸奥光政様

ノーシル・ノーヘッダーのオハ35で青15号塗装となった車両についてですが、手持ちの資料では
2422が該当する可能性があるようです。

写真等の裏付けは無いのですが、可能性はあると思われます。

参考になれば幸いです。
 

ノーシル・ノーヘッダーのオハ35

 投稿者:竹中@ノーブルジョーカー  投稿日:2017年10月23日(月)22時15分6秒
  陸奥光政様

青15号のノーシル・ノーヘッダーのオハ35を撮っていますので、ご覧ください。
白黒なので微妙ですが、間違いなく青15号でした。なお、番号は2397なのでお手持ちの
インスタントレタリングをそのまま生かすことはできないようです。
ただ、丸屋根のオハ35は近代化改造のリストにはないようですので、支社予算または
後年の体質改善工事による塗色変更と思われます。

オハ35 2397 昭和50年12月18日 回1941レ 東京駅
 

オハ35 ノーシル・ノーヘッダー車の車体色

 投稿者:陸奥光政  投稿日:2017年10月22日(日)01時44分5秒
  こんばんは。
いつもお世話になっております。

さて、題名にある通りですがオハ35のノーシル・ノーヘッダー車の塗装について調べております。
所有しているKATOのHOのオハ35(青)が余っている状態となり、変わり種を作ろうとボナファイデのコンバージョンキットを入手しました。製品のインレタナンバーと調査して判明したものを以下に記載致します。

2145
2146
2363
2366 ぶどう2号
2368 ぶどう2号
2370
421
2422

以上の8両分なります。
基本は未更新車のぶどう2号になるかと思いますが、どうやら青15号の車両がいるそうで。この車両の写真をネット上で見つけることはできず確認が取れていない状況なのです。
上記の車両の中で青15号の車両がもしおりましたら、御教授頂きたいのです。
いつも色々とお教え頂いているにも関わらず、完成品の写真が出せず申し訳なく思っております。先日、マニ44が1両完成しましたので、別の話題としてご紹介させて頂ければとおもいます。
どうぞ宜しくお願い致します。
 

色違いの103系

 投稿者:だめおやじ  投稿日:2017年10月21日(土)11時10分53秒
  久しぶりと同時に私からも103系のコメントします。
今はJR東日本から引退した103系ですが国鉄からJRになった当時でも関東地区で活躍していました。
山手線はウグイス、京浜東北線はブルー、中央快速線はオレンジ、中央・総武緩行線はカナリア、常磐快速線はエメラルドグリーンで使用されていました。
横浜線ではウグイスとブルーの混結で正面に「横浜線」と大きいステッカーが貼ってありました。
後に山手線は205系、E231系500番代、最近導入されたE235系に変わり、京浜東北線は209系、E233系、中央快速線は201系、E233系、中央・総武緩行線は201系、209系、最近では山手線のお下がりのE231系500番代になり、常磐快速線はE231系に変わってしまいました。
路線で違う車両になってしまいましたが、私個人では同じ車両で色違いの方が好きでしたが。

大阪環状線の103系ですが3年前に会社の旅行で大阪に行ったときに乗りました。
リニュアールされていても古さは隠せませんでした。103系に乗ったのはあれが最後となりましたが。
 

レンタル掲示板
/308