teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:72/3119 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

白帯車の記憶

 投稿者:jfs  投稿日:2018年 7月13日(金)01時26分3秒
  通報
  拝復 クモイ103様。

まず、先日の書き込みでご挨拶もせず、いきなり内容に及んだこと、大変失礼しました。
改めて・・・初めまして、jfsと申します。

物心ついた時から鉄道一筋で、中でも客車列車に特に関心を示す者です。
職業柄(工学部の大学教授です)車両の構造やデザインなどにも興味がありますが、
硬い事より楽しく思い出を語り、模型の列車を動かす・・・というような事を趣味としております。

さて、先日の件ですが、私が見た白帯車は、恐らく中央線か高崎線でのことで、営業列車ではなく
回送列車だったと思います。当時の記憶は今でも鮮明に残っており、その客車もマイネ40のような
新しい客車でも展望車でもなく、狭窓Wルーフのマイネ38のような寝台車ではないかと思っていました。
年月が定かではありませんが、昭和30年の8-10月または31年の7-10月のいずれかの間であることは間違いありません。

この時代は一等寝台車は既に廃止になってマイネ38はマロネ49になっていたようにも思います。
またこの回送列車が廃車になった古い白帯客車の回送であったのかもしれません。
一つ気になるのはこの時代には連合軍の接収車両は全て返還されていたはずですが、
その白帯車の生き残りという物は無かったですよね?
いずれにせよ茶色の車体に真っ白な帯を見つけて狂気のばかり「一等車」と叫んだ記憶があるのです。
まあ子供の記憶などいい加減と思われるかも知れませんが、私は経験上色に関しての記憶は
恐ろしく正確だったと親にも言われておりますし、その白帯車がクリーム帯を見間違えたと
いう事は無いと確信しております。

昭和30-31年当時はまだ東海道線全線電化前で青大将はありませんでしたから、マイテ39、49、58
及びマイ38それに特殊なマイフ97とか数えるほどの一等車が存在したはずですが、全てそれらが
クリーム帯であったのかは多少疑問に残る所です。

模型の世界ではスロ60の青大将があったり、白帯のマイテ49があったりで、それはそれで良いと思うのですが、
史実としてその辺の事を正しく把握しておきたいと思っていますが、未だに結論はでません。

これ以外の一等車に関する疑問点もいくつかありますが、これらについても
ご存知の方がいらっしゃればお教え願います。

・マイ38は途中で改造が行われシートピッチが変更になったと認識していますがこれは事実でしょうか?
 またピッチは1080㎜と認識していますが間違いないでしょうか。
・マイテ491は一等室を一人掛けのリクライニングシートに変更したようですが、窓と座席が
 合っているならピッチは950㎜との認識ですが、かなり狭いですよね。この状態で「つばめ」や「はと」の
 営業列車に使用されたことはあるのでしょうか?
・マイテ581は青大将当時屋根上にベンチレータがの無いノッペラボウの屋根でしたが、
 マイテ49はどうだったのでしょう? ノッペラボウのマイテ49の写真を見た記憶もあるようなのですが
 これはマイテ58だったのかもしれません。

以上、今後ともよろしくお願い申し上げます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:72/3119 《前のページ | 次のページ》
/3119