teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:5/3016 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

今年最後の投稿です

 投稿者:ED76109  投稿日:2017年12月30日(土)14時42分57秒
  通報
   失礼いたします。「ED76109」でございます。

 中央線の旧客レは懐かしい限りでございますね。昭和40年代の後半の乗車経験を、何度が戯言でご披露させていただきましたが、今年最後の「戯言」で自分の想い出を振り返りさせてください。

 1 昭和49年の春休みに、新宿発6:20発の「421(?)レ」にお世話になったことがあります。記憶では、後発の「ECアルプス1号」が満員であったのに、「421レ」は対照的なまでにガラガラ。最後尾の「スハフ42」のボックスを一つ占拠して、「EF64」のフォイッスルを楽しんでおりました。さすがに早春の信濃路はまだ肌寒く、「日野春」あたりから雪が舞い始めて、「姨捨」のスイッチバックは吹雪でしたね。しかし、約10時間の鈍行旅に小学生の小生は満足。ただ終着の「長野」で、確か「長野車掌区のカレチ」さんから、「上野行の『信州』は混むから、すぐにフォームに並んだ方がいい」とのアドバイスを受け、そのまま自由席の列に並んだ記憶があります。結果としては、やっと通路側に席が確保できて、立ちっぱなしを免れた始末で、ほっとした記憶がございます。それでも、夕闇迫る「横軽」を堪能したりと、「信州ワイド周遊券」を子どもながらに駆使した乗り鉄旅でありました。

 2 昭和50年3月のダイヤ改正で、「西イイ」はその役割を終えて、旧客の塒は姿を消しました。一方、山男・山女たちの山行を支えていた「425レ」が「EC仕立て」となってしまうことに「旧客を残せ」のかけ声で盛り上がったことは、先達の皆様方には駄弁であろうと思われます。その時、その熱意にほだされて誕生したのが、臨時夜行旧客レであり、上りは「臨時たてしな」として新宿に帰ってくるダイヤが設定されたと記憶しています。当時、小生はワンゲル部に入っていましたので、夏休みの「八ヶ岳合宿」の時に乗れると期待していました。しかし、顧問の先生は「混むから、アルプスの指定席を予約した」とのつれない一言。リュックを背負い、新宿駅の行列に並びながら、恨めしげに「臨時夜行レ」の列を眺めた記憶がございます。

 3 中央東線は早々に鈍行レが「EC」化されてしまいましたが、中央西線には「中津川・長野」間に旧客鈍行が昭和50年代後半にも残っていました。大学2年の春休みに、ゼミ合宿を「奈良井」で実施することが決定し、渉外だった小生が往復の旅程を任されることに。そこで、往路は「塩尻」から逆編成となる「旧客鈍行」に乗ることにしたのですが、秋田や松山出身の先輩方は、旧客に乗った途端「懐かしい」の大合唱。何でも、お二人とも通学レで利用したことがあり、様々な想い出がおありだったようで、木曽路の車窓を眺めながら、感激の面持ちでありました。

 今年最後の戯言におつきあいいただき、ありがとうございました。以上、JR北海道に就職が決定した生徒の前途を応援したい「教頭客車鉄ちゃん」でありました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/3016 《前のページ | 次のページ》
/3016